スコットペリー リスニングパワーの本当の口コミ レビュー

Pocket

メディアにも取り上げられている
スコットペリーさんのリスニングパワー。

こんにちは。リスニングパワーを愛用させてもらっています、長渕ゆかりと申します。

現在はオーストラリアでワーキングホリデー中です。中学校、高校と学生時代に英語は散々勉強してきたので文法には強いものの、リスニングが大の苦手でリスニング専用の参考書は全く続けられずにいました。

リスニングパワーもどうせいっしょだろうなと期待していませんでした。

でも、リスニングパワーはこれまでのリスニング教材と全く違い、聞こえてくる音にひたすら耳を傾けるだけ。堅苦しい聞き取りがなく、飽き性の私でも自然と続けることができました。

聞こえてきる音をまねての発音矯正。こんなことを続けて効果があるのか正直、半信半疑でした。

でも実際に海外に出て語学学校に行くことで、どれだけこ の地道な練習が効果的かを実感しました。

日本語英語の発音じゃ他国の人に自分の英語を理解してもらうことができない。でもリスニングパワーで練習していたおかげで『th』『r』『l』『n』の発音の仕方には自信があります!!

今では以前使っていたリスニング教材に前ほどの嫌悪感を抱くことなく頑張れています。

これから海外に行こうと思っている方はぜひ、日本にいる間にリスニングパワーでしっかり発音の予習と英語耳を作っていくことをおすすめします。

現地の人の言葉を理解して、尚且つ自分の思いを英語で伝える。難しいけれど、お互いの想いを共有できた時の感動はたまらないですよ。って本当かな?

かなり興味ある。

効果はどうなの?体験談

発音の重要性に気づいたのは医学生の頃に初めてニューヨークを旅した時でした。

日本でも有名なファーストフード店に立ち寄り、ハンバーガーのセットを注文しましたがなぜかハンバーガーが2つ入っていました。

2個入っていた原因は、私の発音にあったようです。

文法的に正しい文章で話したつもりでも、高校生くらいの受付の女性にはほとんど通じていなかったのです。

医学部に入るまでに大量の英単語や文法は一生懸命に勉強しましたが、大学受験では発音やリスニングはほとんど問われることはありませんでした。

医学部に入ってからも、日本語の授業だけであり何か対策しなければ、英語を読めてもリスニングやスピーキングは上達しないと感じていました。

そんな時に出会ったのが、口コミで評判が良かったリスニングパワーです。

初めにCDを聞いた時、バックグラウンドに流れるまるで聴診器をあてた時のような音?には、驚きましたが、英語の周波数を聞き取れるようになるために意図的に入れてあると知り、実際に、英語の音が以前よりも確実に耳に入ってくるようになったので不思議な音の効果に納得しました。

今までは単語を覚えたり文法を意識するだけでしたが、リスニングパワーに取り組んでからは、洋画を見たり、アメリカのテレビドラマを見る時に、英語をハッキリと聞き取れるようになったので、これから、この教材でどこまで英語力をアップさせることができるのか楽しみです。

私にもできるかな。

ダメもとで、試してもいいかも。